〈開催延期〉[チェルフィッチュの<映像演劇>]風景、世界、アクシデント、全てこの部屋の外側の出来事

※お知らせ
3月21日より開催予定のチェルフィッチュの映像演劇『風景、世界、アクシデント、すべてこの部屋の外側の出来事』は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開催を延期することといたしました。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
新しい会期については、決まり次第ホームページ上でお知らせします。

ご購入いただいた観覧チケットの払い戻しにつきましては、下記「チケット販売」欄をご確認ください。


本展は、4本の〈映像演劇〉によって構成される演劇公演/展覧会です。
〈映像演劇〉とは、演劇作家・チェルフィッチュ主宰の岡田利規が、舞台映像デザイナーの山田晋平と取り組む、新しい形式の演劇です。「演劇とは、ある場において行われる上演が生じさせる“現象としてのフィクション”のことだ」と語る岡田は、これまでも演劇の形式自体を問うような作品を多く手掛けてきました。
〈映像演劇〉で上演/展示されるのは、スクリーン等に投影された、等身大の役者の映像です。映像の中で、役者は役を演じていますが、そこには背景も奥行きもありません。映像であるからこそ、観客は接近したり凝視したり、通常の「演劇」とは異なる鑑賞の仕方をすることができます。一方で、厚みのない映像であるにもかかわらず、人間が演じる「演劇」とも違う独特の存在感や生々しさが、そこには発生しています。
観客が映像に触れ、役者の演技と観客の想像力とが合わさる時、映像が投影された空間は、演劇の生まれる空間に変わります。〈映像演劇〉を見ることで、観客は、「演劇」として発生するフィクションと、「映像」であることで発生するフィクションという、2つの領域を同時に経験することになるのです。

日時
2020年3月21日(土)~ 29日(日)

会場
札幌文化芸術交流センター SCARTS クリエイティブスタジオ 
https://www.sapporo-community-plaza.jp/event_scarts.php?num=1070

入場料
一般 500円/65歳以上 400円*/高校生以下 無料*
ご本人様に限り、チケットご提示で会期中の再入場が可能です
*お名前、生年を確認できるものをお持ちください

チケット販売
2020年2月25日(火)~
市民交流プラザチケットセンター(札幌市民交流プラザ2F/10:00-19:00)
https://sapporo-cp-members.jp/product/92

巡回先スケジュール

クレジット

作・演出/岡田利規
映像/山田晋平
出演/足立智充、椎橋綾那
テクニカルディレクション/岩田拓朗(SCARTS)
衣裳/藤谷香子(FAIFAI)
宣伝美術/佐藤史恵(SA+O)
プロデューサー/黄木多美子(precog)
プロダクションマネジメント/小森あや(TASKO inc.)
制作/小山冴子(SCARTS)、丸田鞠衣絵(hitaru)
企画制作/株式会社precog
製作/札幌文化芸術交流センター SCARTS・札幌文化芸術劇場 hitaru(札幌市芸術文化財団)、一般社団法人チェルフィッチュ

Schedule