渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉


〈映像演劇〉宣言


役者の演技を撮影した映像をしかるべき環境のもとで投影するという作法によって上演される演劇。これをわたしたちは追求していくことにした。
この演劇をわたしたちは〈映像演劇〉と名付けることにした。


岡田利規



渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉
熊本市現代美術館
2018年4月28日(土)〜6月17日(日)

作・演出 岡田利規
映像   山田晋平
会場構成 長坂常(スキーマ建築計画)
出演   青柳いづみ、安藤真理、太田信吾 、大村わたる
     川﨑麻里子、吉田庸 、塚原悠也(contact Gonzo)


たとえば、身体を凝視するという経験の質は、それが生身の人間の身体なのか映像における身体なのかによって、大きく異なる。演劇という形式の特性のなかには、映像というメディアによってより生かされ、はっきりとしていくものがある。その作用を用いて、映像による演劇をつくる。それを私たちは今のところ、〈映像演劇〉と呼ぶ。〈映像演劇〉のコンセプトを実現した複数の、鑑賞者に問いと経験をもたらしうる作品をつくり、それをひとつの演劇公演として展示する。

扱いたいのは、ふたつの異なるものや領域やタイプのあいだの境界のありようをめぐる、現在においてごくオーソドックスな問題。今回の『渚・瞼・カーテン』というタイトルは、もちろんそれを指し示している。

1枚目《The Fiction Over the Curtains》2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫
2枚目《楽屋で台本を読む女》2017–18 プロダクションショット



会期


2018年4月28日(土)〜6月17日(日) 45日間
開館時間 10:00〜20:00
休館日  火曜日 *ただし5月1日(火)は開館


会場


熊本市現代美術館
〒860-0845 熊本県熊本市中央区上通町2番3号
https://www.camk.jp



出品作品



 タイトル


出演


《A Man on the Door》

塚原悠也

《The Fiction Over the Curtains》

青柳いづみ、安藤真理、太田信吾、大村わたる
川崎麻里子、吉田庸、塚原悠也

《楽屋で台本を読む女》

安藤真理

《第四の壁》

川崎麻里子、太田信吾、大村わたる、吉田庸

《働き者ではないっぽい3人のポートレート》

青柳いづみ、太田信吾、川崎麻里子

《Standing on the Stage》

大村わたる、吉田庸

*全て2017-18年制作
 

及び、岡田利規による書き下ろしテキスト「渚」「瞼」「カーテン」



観覧料


一般:1000(800)円、シニア:800(600)円、学生(高校生以上):500(400)円
中学生以下無料
*( )内は前売/20 名以上の団体/各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福 祉手帳、被爆者健康手帳等、付き添いの方1名にも適用)、電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証をご提示の方


巡回先スケジュール

クレジット

| 作品

作・演出:岡田利規
映像:山田晋平
出演:青柳いづみ、安藤真理、太田信吾、大村わたる、川﨑麻里子、吉田庸、塚原悠也(contact Gonzo)
衣裳:藤谷香子(FAIFAI)
映像アシスタント:須藤崇規、嶋田好孝、加藤和也
録音:牛川紀政(《The Fiction Over the Curtains》のみ)
記録写真:加藤甫

特別協力:石井造園株式会社
会場協力:KAAT神奈川芸術劇場、急な坂スタジオ、公益財団法人セゾン文化財団森下スタジオ、横浜にぎわい座のげシャーレ
衣裳協力:Phablic×Kazui、Little Trip To Heaven 下北沢
特別協力:石井造園株式会社

企画制作:株式会社precog
統括プロデューサー:中村茜
チーフプロデューサー:黄木多美子
デスク:河村美帆香
制作:兵藤茉衣
制作アシスタント:水野恵美
デスクアシスタント:神戸みなみ

プロダクション・マネジメント:藤末萌(PARADISE AIR)

製作:株式会社precog、一般社団法人チェルフィッチュ、熊本市現代美術館


| 展覧会

主催:熊本市現代美術館[熊本市、公益財団法人熊本市美術文化振興財団]、RKK、熊本日日新聞社
協力:公益財団法人熊本県立劇場、市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
後援:熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県美術家連盟、熊本国際観光コンベンション協会、J:COM、エフエム熊本、FM791
助成:一般財団法人地域創造
協賛:株式会社資生堂

企画・担当:池澤茉莉(熊本市現代美術館 学芸員)
アシスタント:大田黒翔代(熊本市現代美術館 学芸アシスタント)
総務:岩崎千夏(熊本市現代美術館 事務局次長)、岡田直幸(熊本市現代美術館 総務主事)

会場構成:長坂常(スキーマ建築計画)
担当:林昂平(スキーマ建築計画)

宣伝美術:村尾雄太(well)
広報協力:株式会社precog、藤末萌(PARADISE AIR)

Beach, Eyelids, and Curtains: chelfitsch's EIZO-Theater

Beach, Eyelids, and Curtains: chelfitsch's EIZO-Theater
2018/4/28(sat)〜6/17(sun)

Venue
Contemporary Art Museum Kumamoto
2-3 , Kamitori-cho, Chuou-ku, Kumamoto, 860-0845 Japan
https://www.camk.jp/english/

Schedule

Credits

Playwright, Direction: Toshiki Okada
Movie: Shimpei Yamada
Set Design: Jo Nagasaka
Performers: Izumi Aoyagi, Mari Ando, Shingo Ota, Wataru Ohmura, Mariko Kawasaki, Yo Yoshida, Yuya Tsukahara(contact Gonzo)

Production: chelfitsch
Associated production: precog co.,LTD.

Organizer: Contemporary Art Museum Kumamoto