チェルフィッチュ 渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉

境界のありようをテーマにつくる6本の〈映像演劇〉作品によって構成される演劇公演/展覧会「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉」。〈映像演劇〉とは、近年、岡田が舞台映像デザイナーの山田晋平と共に取り組み始めた新しい形式の演劇であり、投影された映像が人の感覚に引き起こす作用によって展示の空間を上演の空間へと変容させる試みです。

岡田は〈映像演劇〉に、「演劇」というメディアそのものの潜在的な可能性を拡張させる大きな可能性を見出しています。テクニックや形式のレベルにおいて以上に、観る人が映像の中の人物(役者)を凝視するしかたや、実物大で投影された人物の映像がもつ特有の存在感といった感覚的な経験をもたらす特性を、演劇的と捉えているのです。たとえば、身体を凝視するという経験の質は、それが生身の人間の身体なのか映像における身体なのかによって、大きく異なる。演劇という形式の特性のなかには、映像というメディアによってより生かされ、はっきりとしていくものがある。その作用を用いて、映像による演劇をつくる。それを私たちは今のところ、〈映像演劇〉と呼ぶ。〈映像演劇〉のコンセプトを実現した複数の、鑑賞者に問いと経験をもたらしうる作品をつくり、それをひとつの演劇公演として展示します。

この演劇公演/展覧会のタイトル「渚・瞼・カーテン」は境界の、線や壁といった頑ななものとは異なる柔らかくて曖昧なありようについて想像するための、ヒントになるかもしれない三つの単語を並べたものです。扱いたいのは、ふたつの異なるものや領域やタイプのあいだの境界のありようをめぐる、現在においてごくオーソドックスな問題です。境界のありようをめぐる問題に現代の私たちは、政治・社会状況のレベルにおいても日常生活のレベルにおいても、否応なく呼応して生きています。〈映像演劇〉はそれ自体、「映像」と「演劇」という二つの異なる形式の双方にまたがりつつ新しい質をもった経験を生みだそうとする試みであり、〈映像演劇〉という演劇公演/展覧会の観客は、展覧会会場という現実の場所と〈映像演劇〉によって生み出されるフィクションという二つの領域を同時に経験することになります。

作・演出]岡田利規
[出演]青柳いづみ、安藤真理、太田信吾、大村わたる、川﨑麻里子、吉田庸、
塚原悠也(contact Gonzo)
[初演年]2018年
[展示/上演作品数]6本

[作品詳細]
・「A Man on the Door」
非常口にシングル・チャンネル・ヴィデオ・プロジェクショ ン
2分55秒
英語/日本語字幕

・「The Fiction Over the Curtains」
4枚の半透明スクリーンに4チャンネル・ヴィデ オ・リアプロジェクション
37分24秒
日本語/英語字幕

・「楽屋で台本を読む女」
スクリーン越しのハーフミラーにシングルチャンネル・ヴィデオ・リアプロジェクション、木製の椅子と机、帽子掛け、帽子ほか
約9分
日本語/英語字幕

・「第四の壁」
壁にシングル・チャンネル・ヴィデオ・プロジェクション
25分36秒
日本語/英語字幕

・「働き者ではないっぽい3人のポートレート」
3枚のパネルにシングルチャンネル・ヴィデオ・プロジェクション、木製の結界
11分36秒
日本語/英語字幕

・「Standing on the Stage」
白いスマートフォン(2台1組)
5分53秒(ループ)
日本語/英語字幕

chelfitsch Beach, Eyelids, and Curtains: chelfitsch's EIZO-Theater

Beach, Eyelids, and Curtains: chelfitsch's EIZO-Theater is composed of six video (eizo) theatrical pieces taking boundaries as their theme. The term EIZO-Theater refers to a new type of theater which Okada has begun to make together with Shimpei Yamada, a stage video designer. It is an attempt to transform exhibition space into theatrical space by the action of projected video images upon human sensation. EIZO-Theater is considered to be performed in the space when the images are endowed with a reality through linkage with the power of the viewer's imagination. Okada is opening up enormous possibilities by developing the latent potential of the medium of theater per se into EIZO-Theater. Going beyond mere advancement on the level of technique and presentational form, EIZO-Theater theatrically apprehends the way in which viewers/audiences visually focus on the persons (actors) in the projected images, and the property inducing the sensory experience, meaning the distinctive presence of human images projected in actual size.

Beach, Eyelids, and Curtains, the title of this theatrical performance/exhibition, consists of three words that may serve as clues to help us imagine softer and vaguer states than the hard and fast connotations of "boundary," "line," and "wall." In the present age, we are forced to deal with problems related to boundary-type arrangements on the levels of both sociopolitical situations and ordinary life. Itself straddling the two separate genres of video and theater, EIZO-Theater is an attempt to engender an experience of a new character. Viewers at the performance/exhibition constituting EIZO-Theater simultaneously experience two domains: the real location in the form of the exhibition venue and the fabric of fiction woven by EIZO-Theater. Beach, Eyelids, and Curtains will undoubtedly provide an opportunity for us to think about the distance we may need to realize the tension generated by boundaries and to gently take in the external world.

Playwrite / Director: Toshiki Okada
Performers: Izumi Aoyagi, Mari Ando, Shingo Ota, Wataru Ohmura,
Mariko Kawasaki, Yo Yoshida, Yuya Tsukahara (contact Gonzo)
Premiere: 2018
The number of video pieces: 6

The details of the pieces:
“A Man on the Door”
Single-channel video projection on the emergency exit
Duration: 2 min 55 sec
Language: English with subtitle in local language

“The Fiction Over the Curtains”
42channel video rear projection on 4 half-translucent screens
Duration: 37 min 24 sec
Language: Japanese with subtitle in local language

“A Woman Reading a Script in the Dressing Room”
Single-channel video rear projection on the oneway mirror through the screen, wooden table and chair, hat hook, hat, etc.
Duration: 9 min
Language: Japanese with subtitle in local language

“The Fourth Wall”
single-channel video projection on the wall
Duration: 25 min 36 sec
Language: Japanese with subtitle in local language

“Portrait of 3 People Who Seem Like They’re Not Hard Workers”
single-channel video projection on the three panels, wooden stanchion
Duration: 11 min 36 sec
Language: Japanese with subtitle in local language

“Standing on the Stage”
White smartphones (set of two)
Duration: 5 min 53 sec
Language: Japaneseh with subtitle in local language