『三月の5日間』リクリエーション横浜公演



『三月の5日間』リクリエーション
KAAT神奈川芸術劇場<大スタジオ>
2017年12月1日(金)〜20日(水)

作・演出:岡田利規
出演:朝倉千恵子、石倉来輝、板橋優里、渋谷采郁、中間アヤカ、米川幸リオン、渡邊まな実
舞台美術:トラフ建築設計事務所


活動20周年を節目に、代表作『三月の5日間』のリクリエーションに挑みます。初演から10年以上が経ち、若者像も、都市も、情報の速度も、戦争との距離も変わったいま、もはや“時代劇”とも呼べる本作が、全国オーディションによって選ばれた20代前半の俳優7人によって新たに生まれ変わります。


今はむかし、二〇〇三年三月の、イラク戦争が開戦した頃の東京を舞台にした芝居です。
このひとむかし前の戯曲を新しい仕方で、若い(かつ力強い)七人の役者によって上演します。
テキストも案外と大幅に書き換えて。
二〇一七年十二月の日本で『三月の5日間』が上演されることは何を引き起こすでしょう?
-岡田利規



会場
KAAT神奈川芸術劇場 <大スタジオ>
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町281
TEL:045-633-6500(代表)
FAX:045-681-1691
http://www.kaat.jp/


公演日程
2017 年12 月
1 日(金) 19:30*
2 日(土) 14:00*☆/ 18:00*
3 日(日) 14:00* / 18:00*
4 日(月) 休演日
5 日(火) 19:30*◎
6 日(水) 19:30*◎
7 日(木) 19:30*☆◎
8 日(金) 休演日
9 日(土) 14:00 / 18:00
10 日(日) 14:00 / 18:00☆
11 日(月) 19:30◎
12 日(火) 19:30◎
13 日(水) 14:00☆
14 日(木) 休演日
15 日(金) 19:30
16 日(土) 14:00 / 18:00☆
17 日(日) 14:00
18 日(月) 19:30
19 日(火) 14:00☆
20 日(水) 14:00


※開場は各開演の30分前
*印の回は英語字幕付き/* With English Subtitles
☆=託児サービスのある回 要事前予約・有料(マザーズ 0120-788-222)
◎=終演後にトークを行ないます。ゲストは後日発表します。


チケット(全席自由席・整理番号付・税込) 
前売一般 3,500円/当日一般 4,000円
U24(24歳以下) 1,750円
高校生以下 1,000円
※U24、高校生以下チケットは前売りのみ/チケットかながわのみでの取扱/枚数限定、要証明書
※車椅子でご来場の場合は、事前に以下のチケットかながわにお電話ください。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。託児サービスのある回をご利用ください。


チケット発売日 9月23日(土)一般発売
9月9日(土)KAme(かながわメンバーズ)先行発売
▼チケットかながわ http://www.kaat.jp/
0570-015-415(10:00~18:00) 
窓口:KAAT神奈川芸術劇場 チケットセンター (10:00~18:00) 

▼ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003 (Lコード31790)
▼チケットぴあ   http://pia.jp/t/kaat/ (PC・MB共通) 0570-02-9999 (Pコード481-110)
▼e+(イープラス) http://eplus.jp/ (PC・携帯)
▼プリコグ(peatix) http://precog-jp.net/tickets/

お問合せ チケットかながわ 電話0570-015-415 (10:00~18:00)

巡回先スケジュール

クレジット

作・演出:岡田利規
出演:朝倉千恵子、石倉来輝、板橋優里、渋谷采郁、中間アヤカ、米川幸リオン、渡邊まな実
舞台美術:トラフ建築設計事務所

技術監督:鈴木康郎
照明:大平智己(ASG)
音響:牛川紀政
衣裳:藤谷香子(FAIFAI)
英語翻訳:アヤ・オガワ
宣伝写真:小林健太
宣伝美術:牧寿次郎

主催:KAAT神奈川芸術劇場
企画制作:株式会社precog
助成:平成29年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

製作:一般社団法人チェルフィッチュ、KAAT神奈川芸術劇場
国際共同製作:KAAT神奈川芸術劇場、ロームシアター京都、Kunstenfestivaldesarts
国際共同製作賛助:穂の国とよはし芸術劇場PLAT、長野市芸術館、山口情報芸術センター[YCAM]
レジデンスサポート:豊橋市、穂の国とよはし芸術劇場PLAT
協力:急な坂スタジオ、城崎国際アートセンター(豊岡市)

"Five Days in March" Re-creation in Yokohama

Venue
KAAT, Kanagawa Arts Theatre
281 Yamashita-cho, Naka-ku, Yokohama 231-0023 Japan
http://www.kaat.jp/

Performance Schedule
12/1(Fri) 19:30*
12/2(Sat) 14:00*⭐︎ / 18:00*
12/3(Sun) 14:00* / 18:00*
12/4(Mon) -
12/5(Tue) 19:30*◎
12/6(Wed) 19:30*◎
12/7(Thu) 19:30*⭐︎◎
12/8(Fri) -
12/9(Sat) 14:00 / 18:00
12/10(Sun) 14:00 / 18:00
12/11(Mon) 19:30◎
12/12(Tue) 19:30◎
12/13(Wed) 14:00⭐︎
12/14(Thu) -
12/15(Fri) 19:30
12/16(Sat) 14:00 / 18:00⭐︎
12/17(Sun) 14:00
12/18(Mon) 19:30
12/19(Tue) 14:00⭐︎
12/20(Wed) 14:00
*...With English Subtitles
⭐︎...Childcare Service (advance reservation required: "Mother's":0120-788-222)
◎...Post Performance Talk (guest:TBA)


Doors open 30 minutes before.


Ticket
2017/9/23(Sat)on Sale, 2017/9/9 (Sat) 10:00〜 Pre-sales for KAme (KANAGAWA members)
Advance Adults:¥3,500 / Advance Youth(Up to 24):¥1,750 / Advance Youth (High school and below) :¥1,000 / Same day: ¥4,000
*Unreserved seating
*Advance Youth ticket is available only at Ticket Kanagawa (チケットかながわ: http://www.kaat.jp/
0570-015-415(10:00~18:00) )
*Advance Youth ticket is sold on a first-come, first-served basis. Student ID card required.
*For wheelchair users: please contact Ticket Kanagawa in advance.
*Preschool child is not allowed to enter. Childcare service is available for some performances.


Reservation
▼Ticket Kanagawa (チケットかながわ) http://www.kaat.jp/
TEL 0570-015-415,10:00~18:00
Ticket Box Office: KAAT Kanagawa Arts Theatre Ticket Center 2F (10:00~18:00) 


(Japanese only)
▼Lawson Ticket (ローソンチケット) http://l-tike.com/ 0570-084-003 (L code: 31790)
▼Ticket Pia (チケットぴあ)  http://pia.jp/t/kaat/ (PC/mobile) 0570-02-9999 (Pcode: 481-110)
▼e+ http://eplus.jp/ (PC/mobile)


(Japanese and English available)
▼precog(peatix) http://precog-jp.net/tickets/ 

Contact: Ticket Kanagawa (チケットかながわ TEL 0570-015-415,10:00~18:00)

Schedule

Credits

Playwright, Direction: Toshiki Okada

Performers: Chieko Asakura, Riki Ishikura, Yuri Itabashi, Ayaka Shibutani, Ayaka Nakama, Leon Kou Yonekawa, Manami Watanabe

Set Design: TORAFU ARCHITECTS

Technical Director: Koro Suzuki

Lighting Director: Tomomi Ohira (ASG)

Sound Director: Norimasa Ushikawa

Costume: Kyoko Fujitani (FAIFAI)

English Translation: Aya Ogawa

Publicity Photography: Kenta Cobayashi

Publicity Design: Jujiro Maki

Presented by: KAAT Kanagawa Arts Theatre

Associated production: precog co.,LTD.

Supported by: The Agency of Cultural Affairs (Bunkacho)

Production: chelfitsch, KAAT Kanagawa Arts Theatre

Co-produced by: KAAT Kanagawa Arts Theatre, ROHM Theatre Kyoto, Kunstenfestivaldesarts

Additional Commissioning Support provided by: Toyohashi Arts Theatre PLAT, Nagano City Arts Center, Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

Residency Support: Toyohashi City, Toyohashi Arts Theatre PLAT

In Co-operation with: Steep Slope Studio, Kinosaki International Arts Center