『部屋に流れる時間の旅』京都公演 KYOTO EXPERIMENT 2016 SPRING

巡回先スケジュール

クレジット

作・演出 岡田利規
音・舞台美術 久門剛史
出演 青柳いづみ、安藤真理、吉田庸
舞台監督 鈴木康郎
音響 牛川紀政
照明 大平智己(ASG)
衣装 藤谷香子(FAIFAI)
演出助手 柳雄斗
宣伝写真 川村麻純
フライヤーデザイン 佐々木暁
制作 黄木多美子、ケティング菜々、兵藤茉衣(共にプリコグ)、河本あずみ(ロームシアター京都)
製作 チェルフィッチュ
企画制作 プリコグ
国際共同製作 KYOTO EXPERIMENT/ロームシアター京都、クンステンフェスティバルデザール(ブリュッセル)、フェスティバルドートンヌ・パリ、クンストラーハウス・ムーゾントゥルム・フランクフルト、FFT デュッセルドルフ、ラ・バティ・フェスティバル・ジュネーヴ、HAU Hebbel am Ufer (ベルリン)、スプリング・パフォーミングアーツ・フェスティバル・ユトレヒト
協力 にしすがも創造舎、水天宮ピット 京都芸術センター制作支援事業
主催 KYOTO EXPERIMENT

"Time's Journey Through a Room" in Kyoto KYOTO EXPERIMENT 2016 SPRING

Markdown記法というものを使います。リンクはこちら。

見出し2、このエリアは見出し2からはじめてください。

aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。

  • 箇条書き
  • 箇条書き
  • 箇条書き
  • 箇条書き

Googleへのリンクテスト

見出し3です。

aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。aaaa, 普通の段落です。

Schedule

Credits

Writer and Director Toshiki Okada
Sound and set design Tsuyoshi Hisakado
Cast Izumi Aoyagi, Mari Ando, Yo Yoshida
Stage manager Koro Suzuki
Sound director Norimasa Ushikawa
Lighting director Tomomi Ohira (ASG)
Costume Kyoko Fujitani(FAIFAI)
Assistant director Yuto Yanagi
Publicity photography Masumi Kawamura
Publicity design Akira Sasaki
Production manager Tamiko Ouki, Nana Koetting, Mai Hyodo (all for precog), Azumi Komoto (ROHM Theatre Kyoto)
Production chelfitsch
Asocciated production precog
Co-produced by Kyoto Experiment / ROHM Theatre Kyoto, Kunstenfestivaldesarts (Brussels), Festival d’Automne à Paris, Künstlerhaus Mousonturm Frankfurt, FFT Düsseldorf, La Bâtie – Festival de Genève, HAU Hebbel am Ufer (Berlin), SPRING Performing Arts Festival Utrecht
In co-operation with Nishi-Sugamo Arts Factory, Suitengu Pit
Kyoto Art Center Artist in Studio Program
Presented byKyoto Experiment