チェルフィッチュ マリファナの害について

一人芝居。ハタチ前後の女の子ミアが横浜駅のそばのスターバックスコーヒーの窓際の席で友達ヒロコと待ち合わせている。ヒロコは、今付き合っている年上の彼氏カドタさんについてミアに話す。この前二人でホテルに入ったとき、カドタさんにマリファナをすすめられ、ヒロコはちょっとヒイた。ここ数日は会っていない。彼女はこれからもカドタさんと付き合い続けるか悩んでいる。悩み相談を聞きながらミアは、窓の外でコスメティック製品のパンフレットを配っている男の様子を観察している。俳優の主体がその男に移行する。男のグチが語られる。ぼおっとしながら仕事をしているので、間違えて背の高い男性にパンフレットを配ってしまい、悪態をつかれる。その背の高い男はカドタだった。
おそろしい形相をしながら、カドタはヒロコのいるスターバックスのほうに向かい歩いていく。タイトルはチェーホフの一人芝居である「煙草の害について」をもじったもの。

[作・演出]岡田利規
[初演年]2003年
[上演時間]約25分
[キャスト数]1名(女性)

Chelfitsch On the Harmful Effects of Marijuana

A monologue. Mia, a girl around the age of 20, is waiting for her friend Hiroko by the window seat at a Starbucks Coffee near Yokohama station. Hiroko talks about her elder boyfriend, Kadota. Kadota offered Hiroko marijuana when they were in a hotel one day, and Hiroko was shocked. They hadnユt met for a while since. Hiroko is concerning if she continues her relationship with Kadota or not. Listening to her story, Mia watches a guy from the window, doing his part-time job of handing out brochures of cosmetics. The actor now starts to play the role of the guy. The actor complains as the guy. Because heユs doing the job absent-mindedly, he hands the brochure to a tall guy by mistake and gets cursed by him. The tall guy was Kadota. Kadota walks to Hiroko in Starbucks with horrible expression on his face. The title comes from Chekhov's monologue "On The Harmful Effects of Tobacco".

Playwrite / Director: Toshiki Okada
Premiere: 2003
Duration: 25min
Casts: 1(Female)