チェルフィッチュ ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶

2004年に上演された30分の短編デュエット「クーラー」はその独特な動きがダンス的と評価され、2005年7月の「Toyota Choreography Award 2005-次世代を担う振付家賞」の最終選考会にノミネートされた。「チェルフィッチュ」独自の身体性は、振り付けに対する明確なコンセプトを提示し、コンテンポラリーダンス・シーンに驚きと衝撃を残した。『クーラー』を70分の作品に再編した本作『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』は、ベルリンHebbel am Uferで世界プレミアを迎え、チェルフィッチュの代表作『三月の5日間』に続く作品として高い評価を受けるとともに、欧州の劇場やフェスティバルのディレクターから注目を集め、新聞、雑誌等でも「社会の病的な核心に肉薄し、最上の可能性を提示した」「まれに見るダンス作品」と評され、賞賛を受けた。
「ホットペッパー」「クーラー」「お別れの言葉」の三つの短編からなる作品。とあるオフィスを舞台としており、昨今の恐慌のあおりを受け、一人の女性派遣社員が契約を打ち切られる、という筋立て。「ホットペッパー」では、契約終了を告げられた女性エリカさんの同僚の派遣社員たちが、雑誌『ホットペッパー』を片手に送別会の会場となるお店を探すさまが、「クーラー」では、派遣社員たちの不安をよそに、職場の冷房の設定温度が低いと不平を言う女と、それに相づちを打っている男、という二人の正規社員の様子が描かれる。「お別れの言葉」では、エリカさんの最後の勤務日の定時就業時刻五分前に、集まった一同の前で彼女が行ったスピーチ。
これまでと同様、「ダンス」と「演劇」というふたつの形式についていくつかの角度から考える、ということを通じて方法論を展開させた。第2幕にあたる、2004年にすでに作られている「クーラー」では、演技としての身体の動きと、音楽との関係で動く身体との、拮抗や齟齬といったことを、ユーモラスに示す。今回新たに加わった他の二幕においても同種の試みを行い「クーラー」とは異なるヴァリエーションを示すことが目指された。

[作・演出]岡田利規
[初演年]2009年
[上演時間]約70分
[キャスト数]6名(男:2, 女:4)

Chelfitsch Hot Pepper, Air Conditioner, and the Farewell Speech

"Air Conditioner" (30-minute version) stylishly and idiosyncratically represents a seemingly mundane conversation between two co-workers. Earlier critics compared the performance to dance because of the actors' peculiar movement. As if to corroborate their interpretation, Okada participated in "Toyota Choreography Award 2005: Discover the Choreographer for Next Generation" with this piece, making it to the finals. Thus taking the contemporary dance scene by storm, Okada and his drama company eloquently articulated a unique concept of the body that defied the conventional idea of "choreography."
In 2009, "Air Conditioner" was reproduced as a 70-minute piece titled "Hot Pepper, Air Conditioner, and the Farewell Speech," and was premiered at Hebbel Am Ufer, Berlin. This updated and expanded version was highly acclaimed as one of Toshiki Okada's masterpieces, drawing attention from numerous drama/performance art festival directors throughout Europe. Newspapers and magazines in Berlin praised the piece, saying that it "showed the possibility of performing arts that approaches the morbid core of the society," and that it is "an exceptional dance piece." Check out this outstanding new piece by chelfitsch, a globally acclaimed theatre company.

Playwrite / Director: Toshiki Okada
Premiere: 2009
Duration: 70min
Casts: 6(Male:2, Female:4)