映像演劇 『ニュー・イリュージョン』

現実か虚構か。現在か過去か。存在か不在か。映像か演劇か。あるいはまだ見ぬ何かか——。

作・演出 岡田利規
映像 山田晋平
出演 足立智充、椎橋綾那、 Jeong Jung-yeop

作品概要
スクリーンなどに投影された等身大の役者の映像と観客の想像力によって「演劇」を立ち上げる〈映像演劇〉。これまでは美術館や展示スペースで上演/展示をしてきた同シリーズだが、2022年3月に穂の国とよはし芸術劇場プラットで上演された『階層』では奈落と客席という劇場の機構を利用した上演/展示で劇場に進出。『ニュー・イリュージョン』ではさらに、舞台と客席という通常の演劇の形式を踏襲し、劇場空間で〈映像演劇〉を「上演」する。舞台の上に立つ一対のスクリーンに映し出された男女は、昨日までその劇場で上演されていたという、かつて二人が暮らした部屋を舞台にした演劇について語り出す。
だが、そこで語られているのは演劇=虚構の話かそれとも二人の生活=現実の話か。スクリーンに映し出される虚構の空間と劇場という現実の空間もまた互いを侵食し、ふとした瞬間、そこにはいないはずの俳優の気配が——。舞台の上に現実と虚構、現在と過去、存在と不在が折り重なり、騙し絵のように様相を変えていく。〈映像演劇〉の新たなイリュージョンはその間隙から姿を現わすだろう。


『ニュー・イリュージョン』上演によせて    ーーー 岡田利規

  演劇は、上演空間に実在していないものを想像のレベルにおいて存在せしめることの可能な形式です。すなわち演劇では、イリュージョンを出現させることができます。その演劇におけるイリュージョンは、ときにそこに実在すると言ってしまって差し支えないほどに確かなものとなり得ます。それがその上演に立ち会う人たちが共同で体験するイリュージョンだからです。

 わたしたちチェルフィッチュは近年〈映像演劇〉という特殊な形式の演劇に取り組んでいます。〈映像演劇〉では、俳優の演技を撮影した映像が等身大サイズで投影される空間が上演空間になります。その上演空間に、投影された映像を通してイリュージョンが出現するのです。

 映像に映り込んでいるものも、それが投影される上演空間の中に実在しているわけではないという意味ではイリュージョンです。けれども〈映像演劇〉におけるイリュージョンとはそれだけではありません。映像の中の俳優の演技によって生み出される演劇的イリュージョン――つまりイリュージョンが生み出すイリュージョン――が、〈映像演劇〉によって出現するイリュージョンです。

 わたしはこれまでの〈映像演劇〉の実践を通して、この世界の何が現実であり何がイリュージョンであるのかを自分が正しく識別できている自信がまったくない、と自信を持って言うことができるようになりました。この、現時点での〈映像演劇〉の最新作「ニュー・イリュージョン」を体験したら、あなたにもそうなってもらえるかもしれません。


【東京公演】
日程|2022年8月21日(日)〜2022年8月28日(日)
日時|
8/21(日) 14:00 / 17:00 / 20:00
8/22(月) 11:00★ / 14:00/ 18:00 / 21:00
8/23(火) 14:00/ 18:00 / 21:00
8/24(水) 休演日
8/25(木) 11:00★ / 14:00/ 18:00 / 21:00
8/26(金) 11:00★ / 14:00/ 18:00 / 21:00
8/27(土) 11:00* / 14:00* / 17:00 / 20:00
8/28(日) 11:00 / 14:00 /17:00
*託児サービスあり。要予約。(締切:8/24(水)17:00)
イベント託児 マザーズ 0120-788-222
0才・1才¥2,100 2才¥1,050
★追加公演

上演時間|約60分

会場|王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4 地下1F
王子駅より徒歩5分。 JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から北本通りを直進。
https://www.en-geki.com/

上演言語|日本語
字幕|英語

チケット|前売
一般 ¥4,000
29歳以下 ¥3,500*
18歳以下 ¥1,000*
(当日+¥500)
*当日要証明

⚠️U18、U29チケットについて
入場時、身分証明書による年齢確認を行います。
年齢条件を満たしていない方がチケットをお持ちの場合、いかなる場合でもご入場いただけませんのでご注意ください。
誤って購入された場合や、ご本人様が行けなくなった場合は【必ずキャンセル手続き】をお願いいたします。
なお、年齢確認ができず、入場いただけない場合もチケット代の払い戻しは行いませんのであらかじめご了承ください。
【キャンセル連絡先】
peatixメッセージフォーム|https://precog-tickets.peatix.com/view
mail|chelfitschticket@gmail.com
①キャンセル希望の旨②ご予約日③ご予約名
を合わせて上記の連絡先どちらかにご連絡ください。

★当日券★
当日券は各公演2時間前よりpeatixにて販売いたします。
※当日精算
※販売有無は当日SNS(Twitter/Facebook)にて告知予定
※販売のない公演もございます。予めご了承ください。

チケット発売|
2022年7月20日(水) 17:00〜
2022年8月6日(土)10:00~(追加公演)
プレイガイド:Peatix

★団体先行予約・割引★
受付期間 2022年7月9日(土)10:00〜7月17日(日)23:59 終了しました
一般¥4,000・29歳以下¥3,500→¥3,000に!
※5名以上
※一般・29歳以下同額
申込:Peatix

★オンライントークイベント★
映画監督・三宅唱氏をお招きして、本作の出演者であり三宅唱氏の映画作品にもチェルフィッチュの演劇作品にも出演している足立智充と、〈映像演劇〉を開拓してきた岡田利規、山田晋平の両氏と、制作の水野恵美、遠藤七海によるオンライントークイベントを開催。
演出・演技・撮影・鑑賞、あらゆる角度から〈映像演劇〉とは何かを深めていきます。

登壇:三宅唱(映画監督)、足立智充(俳優)、山田晋平(映像作家)、水野恵美(制作)、遠藤七海(制作)
司会:岡田利規(演劇作家・小説家・チェルフィッチュ主宰)
日時:8月21日(日) 21:30〜
会場:オンライン(YouTube live)
視聴無料・予約不要
※アーカイブは期間限定公開(〜8/31 23:59)

【新型コロナウィルス感染症拡大予防のためのご理解とご協力のお願い】
●当公演は新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する取り組みを講じた上で開催いたします。
●ご来場の際には必ずマスクをご着用のうえ、会場での検温・手指消毒等にご協力ください。
●37.5°C以上の発熱がある方は、入館をご遠慮いただいております。
●会場内での混雑を避けるため、入退場時に制限を行う場合があります。
●緊急事態宣言の発令等により、止むを得ず開演時間が変更となる場合があります。その際は改めて告知いたします。
●感染症対策のため、お客様の購入時のご連絡先を保健所などの公的機関に提供する場合があります。
●その他、来場者様向けガイドラインは、下記URLにてご確認いただけます。
https://drive.google.com/file/d/16hS0Hwf6l7BlLWGVfcZRai4f0X0SQ-Qv/view?usp=sharing
●イベント開催時のチェックリスト(東京都様式)は下記URLにてご覧いただけます。
https://drive.google.com/file/d/1M0QNNwOZrIPqotJTQBO_DjQBUeLm2I8d/view?usp=sharing

巡回先スケジュール

クレジット

作・演出 岡田利規
映像 山田晋平
出演 足立智充、椎橋綾那、 Jeong Jung-yeop

録音・音響 中原楽(Luftzug)
照明 髙田政義(RYU)、葭田野浩介(RYU)
衣裳 藤谷香子(FAIFAI)
舞台監督 川上大二郎、守山真利恵
録音 佐藤佑樹、株式会社 大城音響事務所
映像アシスタント 齊藤詩織(青空)、樋口勇輝
通訳 イ・ナウォン
英語字幕 アヤ・オガワ

音楽 Jang Young-gyu

​​宣伝美術 岡本健+
広報ライティング 山﨑健太

企画制作 株式会社precog
主催 一般社団法人チェルフィッチュ
助成 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
協力 公益財団法人セゾン文化財団、空 、オフィススリーアイズ

EIZO-Theatre NEW-ILLUSION

Reality or fiction? Present or past? Existence or absence? Video or theater? Or something as yet unseen?

Playwright / Director : Toshiki Okada
Video Director : Shimpei Yamada
Cast : Tomomitsu Adachi, Ayana Shiibashi, Jeong Jung-yeop

About
EIZO-Theatre presents “theatre” by means of actual-size images of actors projected onto screens etc. and the audience’s powers of imagination. Works in the EIZO-Theatre series were initially performed/displayed in art museums and exhibition space, but moved into a theatre for the first time with the showing of KAISOU: Layer, Class or Hierarchy at the Toyohashi Arts Theatre PLAT in March 2022. This performance/display made use of the theatre structure consisting of the basement and audience seating. For NEW-ILLUSION, EIZO-Theatre will be presented in the theatre space and follow the conventional style of stage and audience seating. Images of a man and a woman projected on a screen on the stage begin talking about a play that was performed in that theatre up until the preceding day and was set in the room where they had lived together.

However, is what the two are talking about a play = fiction or their actual life = reality? Meanwhile, the fictional space projected onto the screen and the real space of the theatre encroach on each other. And for an instant, the audience senses the presence of actors that are not supposed to be there… Reality and fiction, present and past, and existence and absence overlap on the stage and change the look of things there, like a trompe l’oeil painting. A new illusion created by EIZO-Theatre will undoubtedly come into view through its the gaps between these dichotomies.


On the staging of NEW-ILLUSION - Toshiki Okada

Theatre is an art form enabling the existence of things that do not actually exist in the performance space, on the level of the imagination. As such, in theatre, we can create illusions. The illusions in theatre can sometimes have a solidity which would permit us to say that the subject actually exists there. This is because they are experienced in common by all of the people in attendance at the performance.

In recent years, we members of chelfitsch have been working on EIZO-Theatre, a distinctive style of theatre. In it, the space of the performance is that where actual-size images of performances by actors are projected. Illusions appear in this performance space, through the projected images.

What appears in the projected images is an illusion, in the sense that it is not really present in the performance space where its image is projected. Nevertheless, this is not the whole story of illusions in EIZO-Theatre; the theatrical illusion born of the acting by the actors in the projected images - that is, the illusion generated by an illusion - is an illusion created by EIZO-Theatre.

Through my practice of EIZO-Theatre thus far, I am now able to say with confidence that I have absolutely no confidence in my ability to accurately distinguish what is reality and what is illusion in this world. Perhaps you, too, will feel this way if you experience NEW-ILLUSION, the latest work of EIZO-Theatre at this point in time.


Tokyo
Date|Aug. 21, 2022 (Sun) - Aug. 28, 2022 (Sun)
Performance Schedule|
Aug. 21, 2022 (Sun) 14:00 / 17:00 / 20:00
Aug. 22, 2022 (Mon) 11:00★ / 14:00/ 18:00 / 21:00
Aug. 23, 2022 (The) 14:00/ 18:00 / 21:00
Aug. 24, 2022 (Web) closed day
Aug. 25, 2022 (Thu) 11:00★ / 14:00/ 18:00 / 21:00
Aug. 26, 2022 (Fri) 11:00★ / 14:00/ 18:00 / 21:00
Aug. 27, 2022 (Ser) 11:00* / 14:00* / 17:00 / 20:00
Aug. 28, 2022 (Sun) 11:00 / 14:00 /17:00
*Child care service is available. Reservations required. (Deadline: 8/24(Wed.) 17:00)
Event Childcare Mothers 0120-788-222
0 and 1 year olds 2,100 yen 2 year olds 1,050 yen
★additional performance

Duration|60min

Venue|OJI THEATRE
B1F, 1-14-4 Oji, Kita-ku, Tokyo 114-0002
Five minutes walk from Oji Station.
For JR Keihin-Tohoku Line, take the "North Exit"; for Tokyo Metro Namboku Line, take Exit No. 4 and go straight down Kitamoto-dori.
https://www.en-geki.com/

Language|Japanese
Subtitle|English

Ticket (advance sale)
Adult ¥4,000
U29 ¥3,500*
U18 ¥1,000*
(door ticket +¥500)
*Proof required on the day

Reservation|
July 20, 2022(Web) 17:00-
Aug 6, 2022(Ser) 10:00- *additional performance
Peatix:Peatix

Schedule

Credits

Playwright / Director : Toshiki Okada
Video Director : Shimpei Yamada
Cast : Tomomitsu Adachi, Ayana Shiibashi, Jeong Jung-yeop

Recording / Sound : Raku Nakahara(Luftzug)
Lighting : Masayoshi Takada(RYU), Kousuke Ashidano(RYU)
Costume : Kyoko Fujitani (FAIFAI)
Stage Manager : Daijiro Kawakami, Marie Moriyama
Recording : Yuki Sato, OHSHIRO SOUND OFFICE Inc.
Video Assistant: Shiori Saito (AOZORA), Yuki Higuchi
Interpretation : Nawon Lee
English Translation : Aya Ogawa

Music : Jang Young-gyu

Publicity Design: okamoto tsuyoshi+
Publicity Writing: Kenta Yamazaki

Planning and Production Management : precog co., LTD.
Production : chelfitsch
Supported by the Agency for Cultural Affairs , Government of Japan
through the Japan Arts Council
In co-operation with KU Inc., office III's
With the assistance of The Saison Foundation