TRIAD DANCE PROJECT「ダンスの系譜学」横浜トライアウト公演 岡田利規『瀕死の白鳥 その死の真相』

ダンスアカデミックの継承、そして未来へ提言
フォーキン、キリアン、フォーサイス そして岡田利規

DaBYオープニング記念イベント「TRIAD DANCE DAYS」のメインプログラムでDaBYの初プロダクション(当初2020年5月上演予定)の「ダンスの系譜学」は、国際的に活躍する神奈川県出身の3名のダンスアーティスト、安藤洋子氏、酒井はな氏、中村恩恵氏を通して「振付」について考察するプログラム。

バレエを完成させたといわれるマリウス・プティパ、古典バレエをさらに更新したミハイル・フォーキン、バレエとモダンダンスを融合し確固たる地位に高めたイリ・キリアン、バレエを脱構築したといわれるウィリアム・フォーサイス、常に革新者であった偉大な振付家たち。これらバレエの歴史を更新してきた巨匠振付家の理念の正統な継承者であり、ときには振付家を触発してきた3名のダンサーが、その原点となるオリジナル作品の上演と今日的な継承/再構築に取り組む新作公演。

岡田は、昨年から取り組んでいた酒井はな氏出演「『瀕死の白鳥』を解体したソロ」に続き『瀕死の白鳥 その死の真相』トライアウト公演を演出・振付します。


<公演概要>
『瀕死の白鳥 その死の真相』
日程:2021年8月21日(土)〜8月22日(日)
会場:Dance Base Yokohama(DaBY)
演出・振付:岡田利規
出演:酒井はな
チェロ:四家卯大

TRIAD DANCE PROJECT「ダンスの系譜学」横浜トライアウト公演
会場:Dance Base Yokohama(DaBY)

中村恩恵
7月3日(土)〜7月4日(日)
イリ・キリアン振付『BLACK BIRD』よりソロ
中村恩恵振付・出演『BLACK ROOM』(世界初演)

酒井はな
8月21日(土)〜8月22日(日)
ミハイル・フォーキン原型 酒井はな改訂『瀕死の白鳥』(チェロ: 四家卯大)
岡田利規演出・振付『瀕死の白鳥 その死の真相』

安藤洋子
9月25日(土)〜9月26日(日)
ウィリアム・フォーサイス『Study #3』よりデュオ (共演: 島地保武)
安藤洋子振付・出演 新作 (共演: 小㞍健太、木ノ内乃々、山口泰侑)

TRIAD DANCE PROJECT「ダンスの系譜学」愛知公演(世界初演)
会場:愛知県芸術劇場小ホール
2021年10月1日(金)~3日(日)
※愛知公演は全作品を同時にご覧いただけます。


<詳細>
DANCE BASE YOKOHAMAウェブサイト
https://dancebase.yokohama/event_post/triad-dance-days

巡回先スケジュール

クレジット

TRIAD DANCE PROJECT「ダンスの系譜学」
コンセプト/構成/プロデュース:唐津絵理(愛知県芸術劇場)
舞台監督:世古口善徳( 愛知県芸術劇場)
照明デザイン:伊藤雅一(RYU)
音響デザイン:牛川紀政
宣伝美術:SPREAD
主催・共同製作:愛知県芸術劇場、Dance Base Yokohama
企画制作:Dance Base Yokohama
協力:株式会社サヤテイ、株式会社precog

Schedule