太田信吾監督『三月の5日間』リクリエーションドキュメンタリー映画公開

東京ドキュメンタリー映画祭2020にて太田信吾監督の『想像』が上演されます。
本作は2017年に上演された『三月の5日間』リクリエーションに密着した短編ドキュメンタリー映画です。

作品概要
『想像』
世界的に注目されている演劇カンパニー・チェルフィッチュ。演出家の岡田利規は俳優の”想像”という作業を重要視し、代表作「三月の5日間」のリクリエーションに挑む。本作はオーディションを経て選ばれた7人の俳優のうち1人に焦点を当て、その俳優の本読みからパリ公演までの二年間に渡るパフォーマンスを“想像”により豊かにしていく過程を、ミニマルにリフレインさせる手法を用いて描く。小道具やセットを極力配したシンプルな空間で、俳優が”想像”だけを武器に充実したパフォーマンスを繰り広げるまでのプロセス、その映画は、「他者への想像」が希薄化した現代に痛烈な批評性をもって作用するだろう。

監督:太田信吾
制作年:2020年
上映時間:54分


「東京ドキュメンタリー映画祭2020」開催概要

【期間】2020年12月5日(土)~12月11日(金) 7日間
※『想像』上映日時:12/6(日)12:00~ 短編5
【会場】新宿 K’s cinema
【主催】neoneo編集室 
【料金】<前売>1回券=1,300円、3回券=3,300円(期間中も販売)
    <当日> 1,500円均一(小、中、シニア 1,000円)
    ※前売り券は 新宿 K’s cinema にて販売中
 

【審査員】
 長編コンペティション部門
  綿井健陽(ジャーナリスト・映画監督)
  矢田部吉彦(東京国際映画祭シニアプログラマー)
 短編コンペティション部門
  代島治彦(映画監督)
  川井田博幸(映画プロデューサー)


【公式サイト】 https://tdff-neoneo.com

巡回先スケジュール

Schedule