日タイ国際共同制作プロジェクト『欲望の輪郭(仮)』

タイの気鋭小説家ウティット・ヘーマムーン氏による『欲望の輪郭(仮)』(日本語訳が河出書房新社より2019年初出版予定 )を岡田利規が舞台化。1990年代初頭から2017年現在のタイに生きる芸術家の半生と性愛遍歴を描きながら、同じく芸術家であり同世代でもある岡田とウティットが自身の半生を投影し、日本とタイの<今>を映し出す。
2018年夏バンコクにて世界初演、2018年秋ポンピドゥ・センター(フランス・パリ)にて上演後、日本および欧州を巡演予定。

*関連
国際交流基金アジアセンター ウティット・ヘーマムーンへのインタビュー
ウティット・ヘーマムーン――ひとりの物語から、拡張する芸術へ
http://jfac.jp/culture/features/f-ah-uthis-haemamool/

金沢21世紀美術館 自治区04
岡田利規 + ウティット・ヘーマムーン 対談「国民国家と芸術ータイについて考える」
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=69&d=1829

巡回先スケジュール

クレジット

台本・演出:岡田利規
原作:ウティット・ヘーマムーン
製作:株式会社precog、一般社団法人チェルフィッチュ、国際交流基金アジアセンター

Silhouette of desire (tentative): A Collaboration Project between Uthis Haemamool and Toshiki Okada

Uthis Haemamool's latest novel, Silhouette of desire , will be brought onto stage by playwright and director Toshiki Okada, co-produced by the Japan Foundation Asia Center and precog. Co., Ltd. The novel portrays the life and sexual escapades of an artist in Thailand from the early 1990's until the present in 2017. As artists, both Uthis's and Toshiki's lives are strongly reflected in this collaboration and stage adaptation, which in turns mirrors the present moment(s) in Japan and Thailand. The stage production will premiere in the summer of 2018 in Bangkok, followed by tours.

*related pages
Japan Foundation Asia Center - Interview with Uthis Haemamool
"UTHIS HAEMAMOOL――From Individual-oriented Stories to Expansive Art"
http://jfac.jp/en/culture/features/f-ah-uthis-haemamool/

21st Century Museum of Contemporary Art. Kanazawa
Talk between Uthis Haemamool and Toshiki Okada(Japanese Only)
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=69&d=1829

Schedule

Credits

Text, Direction: Toshiki Okada
Original Author: Uthis Haemamool
Production: precog, chelfitsch, Japan Foundation Asia Center