『三月の5日間』リクリエーション京都公演



『三月の5日間』リクリエーション
ロームシアター京都 ノースホール
2018年1月30日(火)〜2月4日(日)

作・演出:岡田利規
出演:朝倉千恵子、石倉来輝、板橋優里、渋谷采郁、中間アヤカ、米川幸リオン、渡邊まな実
舞台美術:トラフ建築設計事務所


2005年岸田國士戯曲賞を受賞し、日本現代演劇界に大きな衝撃を与えた岡田利規/チェルフィッチュの代表作。活動20周年を記念して、代表作のリクリエーションに挑みます。
2003年米軍がイラク空爆を開始した当時の社会と若者たちの日常を革新的な戯曲と身体表現で描き、世界30都市以上で上演されました。
初演から10年以上が経ち、若者像も、都市も、情報の速度も、戦争との距離も変わったいま、もはや“時代劇”とも呼べる本作が、全国オーディションによって選ばれた20代前半の俳優7人によって新たに生まれ変わります。

今はむかし、二〇〇三年三月の、イラク戦争が開戦した頃の東京を舞台にした芝居です。このひとむかし前の戯曲を新しい仕方で、若い(かつ力強い)七人の役者によって上演します。テキストも案外と大幅に書き換えて。二〇一八年の日本で『三月の5日間』が上演されることは何を引き起こすでしょう? 岡田利規

会場
ロームシアター京都 ノースホール
〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町13
TEL 075ー771ー6051
http://rohmtheatrekyoto.jp

日時
2018 年
1 月30 日(火) 19:30*
1 月31 日(水) 19:30*
2 月1 日(木) 14:30★*◎ / 19:30*
2 月2 日(金) 19:30
2 月3 日(土) 14:00◎ / 18:00
2 月4 日(日) 14:00

※開場は各開演の30分前
★=ポスト・パフォーマンストークあり
*=英語字幕付き/* With English Subtitles
◎=託児サービスあり(有料1,000円、定員あり、要予約)
TEL 075-212-7555 (平日9:30~17:30 (株)アルファコーポレーション)

チケット(全席自由席・税込)
前売: 一般 3,500 円 / ユース(25歳以下): 2,500円(限定枚数/要証明書)
当日: 4,000円
※未就学児入場不可
※ユースチケットはロームシアター京都オンラインおよびチケットカウンター、京都コンサートホールチケットカウンターで取扱。公演当日に受付にて年齢が確認できる証明書(学生証、免許証等)をご提示いただき、指定席券とお引換えいたします。
※車椅子でご来場の方は、事前にロームシアター京都までご連絡をお願いいたします。

チケット発売日 10月14日(土)一般発売
10月5日(木)先行発売 フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

▼ロームシアター京都オンラインチケット https://www.e-get.jp/kyoto/pt/
▼ロームシアター京都チケットカウンター
[窓口・電話 TEL 075-746-3201 (10:00~19:00、年中無休)]
▼京都コンサートホールチケットカウンター
[窓口・電話 TEL 075-711-3231 (10:00~17:00、第1・3月曜休※祝日の場合は翌日)]
▼チケットぴあ http://t.pia.jp/
0570-02-9999 (Pコード 482-292)
▼ローソンチケット http://l-tike.com/
  0570-084-005 (Lコード 57641)
(オペレーターダイヤル) 0570-000-407 (10:00~20:00)
▼イープラス http://eplus.jp/

巡回先スケジュール

クレジット

作・演出:岡田利規
出演:朝倉千恵子、石倉来輝、板橋優里、渋谷采郁、中間アヤカ、米川幸リオン、渡邊まな実
舞台美術:トラフ建築設計事務所

技術監督:鈴木康郎
照明:大平智己(ASG)
音響:牛川紀政
衣裳:藤谷香子(FAIFAI)
演出助手:犬養真奈
英語翻訳:アヤ・オガワ
宣伝写真:小林健太
宣伝美術:牧寿次郎

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
協力:キョードーマネジメントシステムズ
助成:平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業

企画制作:株式会社precog
製作:一般社団法人チェルフィッチュ、KAAT神奈川芸術劇場
国際共同製作:KAAT神奈川芸術劇場、ロームシアター京都、Kunstenfestivaldesarts
国際共同製作賛助:穂の国とよはし芸術劇場PLAT、長野市芸術館、山口情報芸術センター[YCAM]
レジデンスサポート:豊橋市、穂の国とよはし芸術劇場PLAT
協力:急な坂スタジオ、城崎国際アートセンター(豊岡市)

"Five Days in March" Re-creation in Kyoto

Venue
ROHM Theatre Kyoto North Hall
13 Okazakisaishoji-cho, Sakyo-ku, Kyoto City 606-8342 Japan
http://rohmtheatrekyoto.jp/english/

Performance Schedule
1/30(Tue) 19:30*
1/31(Wed) 19:30*
2/1(Thu) 14:30★*◎ / 19:30*
2/2(Fri) 19:30
2/3(Sat) 14:00◎ / 18:00
2/4(Sun) 14:00

※Doors open 30 minutes before.
★=Post-show talk (Japanese only)
*=English surtitled performance (visibility limited to certain seats)
◎=Childcare service available (¥1,000, limited availability, reservation required)
Tel: 075-212-7555 (weekdays: 9:30–17:30)
Reserve online or by email. Inquire for further information.

Ticket
2017/10/14(Sat)on Sale
Advance Adults:¥3,500 / Advance Youth(Up to 25):¥2,500
Same day: ¥4,000
*Unreserved seating
*Advance Youth ticket is sold on a first-come, first-served basis. Student ID card required.
*Preschool child is not allowed to enter.Childcare service is available for some performances.
*For wheelchair users: please contact ROHM Theatre Kyoto in advance.

Reservation
▼ROHM Theatre Kyoto online ticket (ロームシアター京都オンラインチケット) https://www.e-get.jp/kyoto/pt/

Schedule

Credits

Playwright, Direction: Toshiki Okada
Performers: Chieko Asakura, Riki Ishikura, Yuri Itabashi, Ayaka Shibutani, Ayaka Nakama, Leon Kou Yonekawa, Manami Watanabe
Set Design: TORAFU ARCHITECTS

Technical Director: Koro Suzuki
Lighting Director: Tomomi Ohira (ASG)
Sound Director: Norimasa Ushikawa
Costume: Kyoko Fujitani (FAIFAI)
Assistant Director: Mana Inukai
English Translation: Aya Ogawa
Publicity Photography: Kenta Cobayashi
Publicity Design: Jujiro Maki

Presented by: ROHM Theatre Kyoto (Kyoto City Music Arts and Culture Promotion Foundation), Kyoto City
Supported by: The Agency for Cultural Affairs Government of Japan in the fiscal 2017

Associated production: precog co.,LTD.
Production: chelfitsch, KAAT Kanagawa Arts Theatre
Co-produced by: KAAT Kanagawa Arts Theatre, ROHM Theatre Kyoto, Kunstenfestivaldesarts
Additional Commissioning Support provided by: Toyohashi Arts Theatre PLAT, Nagano City Arts Center, Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
Residency Support: Toyohashi City, Toyohashi Arts Theatre PLAT
In Co-operation with: Steep Slope Studio, Kinosaki International Arts Center