チェルフィッチュ 消しゴム山

人間のスケールを脱する演劇とは?
人、モノ、時間、空間、言葉が、未知のすがたで現れる――

 いま・ここにいる人間のためだけではない演劇は可能か?人とモノが主従関係ではなく、限りなくフラットな関係性で存在するような世界を演劇によって生み出すことはできるのだろうか?

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市では、失われた住民の暮らしを取り戻すべく、津波被害を防ぐ高台の造成工事が行われている。もとの地面から嵩上げされる高さは10メートル以上。そのための土砂は、周辺の山をその原型を留めないほど大きく切り崩すことでまかなわれている。

 岡田利規は、2017年に同地を訪れ、驚異的な速度で人工的に作り変えられる風景を目の当たりにしたことをきっかけに、「人間的尺度」を疑う新作の構想を始めた。コラボレーターには、コラージュを主な手法とし、演劇的な視点を貪欲に取り込み創作の領域を拡張させる美術家・金氏徹平氏を迎える。また、昨年からチェルフィッチュが力を注ぐ「映像演劇」も取り入れながら、俳優の身体や言葉のありようにも新たなアプローチが試みられる。人間中心主義から逸脱する先にあらわれる風景とは。演劇をアップデートし続けるチェルフィッチュの最新形。

劇場版『消しゴム山』・美術館版『消しゴム森』を制作

 これまでにも美術館やギャラリー空間に「演劇」を持ち込み、その場所がもつ潜在的なドラマ性や空間の新たな手触りを浮かび上がらせてきたチェルフィッチュ。今回は、劇場(演劇空間)と美術館(展示空間)それぞれの空間の特性やナラティブを捉え直し、ひとつの作品コンセプトをふたつの異なる空間にインストールする。また、劇場版・美術館版ともに 〈映像演劇〉 を取り入れることで、作品を多層化するだけでなく、映像/空間/鑑賞者の関係性に新たなレイヤーを提示する。鑑賞者はそれぞれの空間に身を置くことで、自身と作品、そこにある時間や空間と新たな関係を結び直す。それは、「演劇」や「美術」といった領域の境界を融解させる試みでもある。

岡田利規

直接の届け先が人間の観客ではない演劇。モノとの演劇。用いられている尺度が人間のそれではないのかもしれない演劇。観客との関係に人間でも人間のためのものでもない何かが介在している演劇。人間が描かれる対象の中心でも特別な存在でもないことをはっきりやる演劇。モノのための演劇。モノの演劇。人間ではないものによってその世界が描かれているのかもしれない演劇。人間の人間による人間のための演劇というのからさらに先へとその描く対象の梢、機能の梢を伸ばした演劇。

金氏徹平

演劇において、ここではない場所、いまではない時間、と言う時に、その範囲を全く想像もつかないようなところまで拡張することが可能なのか?自分に向けられていないと感じるモノとどのように同じ空間にいることができるか?自ら自分を半分消してしまうことができるのか? モノはそれぞれに固有の時間を持っていて、人間はそれらとの間に、関心/無関心、寛容/不寛容を使って関係/無関係を作らなければならない。ある意味での劇場という仮想空間に構築する新しいランドアートのようなものを構想している。もしくは“映像演劇”に対する“彫刻演劇”への展開と言えるかもしれない。

作・演出:岡田利規
セノグラフィー:金氏徹平
初演年:2019年
上演時間:130分
キャスト数:6名(男3・女3)

クレジット

チェルフィッチュ × 金氏徹平『消しゴム山』

作・演出:岡田利規
セノグラフィー:金氏徹平
出演:青柳いづみ、安藤真理、板橋優里、原田拓哉、矢澤誠、吉田庸*、米川幸リオン
*2019年京都公演のみ出演
衣裳:藤谷香子(FAIFAI)
照明:髙田政義(RYU)
音響:中原楽(ルフトツーク)
映像:山田晋平
技術監督:鈴木康郎
舞台監督:湯山千景
演出助手:和田ながら
プロデューサー:黄木多美子(precog)
アソシエイト・プロデューサー:田中みゆき
宣伝美術:山内祥太
フライヤーデザイン:赤井佑輔(paragram)
ウェブ制作:林洋介(HAUS)

企画制作:株式会社 precog
ディレクター:中村茜
シニアプロデューサー:平岡久美
チーフアドミニストレーター:森田結香
ツアーマネージャー:水野恵美
海外営業:崎山貴文
教育普及コーディネーター:栗田結夏

共同製作:
〈消しゴム山〉 KYOTO EXPERIMENT、Wiener Festwochen、Festival d’Automne à Paris、Künstlerhaus Mousonturm Frankfurt
〈消しゴム森〉 金沢21世紀美術館
企画制作:
株式会社 precog
協力:
コネリングスタディ/山吹ファクトリー、急な坂スタジオ、京都市立芸術大学、京都芸術センター制作支援事業

本プロジェクトは、『消しゴム山』(初演:2019年10月KYOTO EXPERIMENT)、『消しゴム森』(初演:2020年2月金沢21世紀美術館)の両バージョンからなる。

chelfitsch chelfitsch & Teppei Kaneuji "Eraser Mountain"

What is theater released from a human scale?
People, objects, time, space, and language appear in unknown forms...

Apprehending “environment” through a new relationship between people and objects What is the theatre that is not directed to the audience?

Is it possible to create theater not only for the people watching at one moment in time? Can we use theater to present a world in which people and objects are completely equal, rather than trapped in their usual subservient relationship?

Devastated by the Great East Japan Earthquake in 2011, the city of Rikuzentakata in Iwate Prefecture is now undergoing immense reconstruction to elevate the area as a countermeasure against future tsunami waves and restore the lifestyles that the residents lost. However, the use of local rocks to raise the land more than ten meters (33 feet) higher than it was before has led to severe damage on surrounding mountains.

Visiting the area in 2017 and witnessing the landscape that had been so rapidly and artificially changed, Toshiki Okada started to conceive a new work in which he would raise doubts about the so-called criteria or measures that humans use. As his collaborator, Okada welcomes Teppei Kaneuji, the artist who has expanded the possibilities of his practice by voraciously incorporating theatrical perspectives into his main methodology of collage. The resulting work also integrates the "EIZO Theater” that chelfitsch has developed since last year, attempting to take yet another approach to language and the body of the actors. What is the landscape that emerges when we deviate from anthropocentrism?

Eraser Mountain is the very latest in chelfitsch’s ongoing endeavors to update theater.

Toshiki Okada

Theater that is not aimed directly at the human audience. Theater with things. Theater whose yardsticks are not human ones. Theater with interposition of something that is not human and not for human benefit in the relationship with the audience. Theater making it clear that people are not at the center of the depiction or even special entities. Theater for things. Theater of things. Theater whose world may be portrayed by objects that are not human. Theater that extends its tendrils of subject and function far beyond the theater of, by, and for people.

Teppei Kaneuji

In theater, is it possible to expand the scope of a place that is not here and a time that is not now to a completely unimaginable degree? How can we occupy the same space as objects that we sense are not directed to or for us? Can we half-erase ourselves?

Objects each have their own peculiar times. People must construct a relationship or connection/non-connection with them, based on concern/unconcern and tolerance/intolerance. I envision a sort of new land art built in the virtual space that is, in a sense, theater. It could also be termed the development of "sculpture theater" as opposed to "EIZO-Theater."

Playwright/Director: Toshiki Okada
Scenography: Teppei Kaneuji
Premiere: 2019
Duration: 130min
Casts:6(Male:3,Female:3)

Credits

chelfitsch x Teppei Kaneuji “Eraser Mountain”

Playwright/Director: Toshiki Okada
Scenography: Teppei Kaneuji
Cast: Izumi Aoyagi, Mari Ando, Yuri Itabashi, Takuya Harada, Makoto Yazawa, Yo Yoshida*, Leon Kou Yonekawa
*performed only in Kyoto, in 2019
Costume: Kyoko Fujitani (FAIFAI)
Lighting Director: Masayoshi Takada (RYU)
Sound Director: Raku Nakahara (LUFTZUG)
Video Designer: Shimpei Yamada
Technical Director: Koro Suzuki
Stage Manager: Chikage Yuyama
Assistant Director: Nagara Wada
Producer: Tamiko Ouki (precog)
Associate Producer: Miyuki Tanaka
Publicity Design: Shota Yamauchi
Flyer Design:Yusuke Akai(paragram)
Web Design:Yosuke Hayashi(HAUS)

Planning and Production Management by precog co., LTD.
Director: Akane Nakamura
Senior Producer: Kumi Hiraoka
Chief Administrator: Yuka Morita
Tour Manager: Megumi Mizuno
International Sales Manager: Takafumi Sakiyama
Education Coordinator: Yuika Kurita

Production: chelfitsch 
Co-produced by:
[Eraser Mounrain] KYOTO EXPERIMENT, Wiener Festwochen, Festival d’Automne à Paris, Künstlerhaus Mousonturm Frankfurt
[Eraser Forest] 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa
Planning & Production Management: precog co.,LTD.
In co-operation with: CONNELING STUDY/YAMABUKI FACTORY, Steep Slope Studio, Kyoto City University of Arts
Kyoto Art Center Artists-in-Studios program

This project consists of two versions, “Eraser Mountain” (premiere: October 2019 / KYOTO EXPERIMENT) and “Eraser Forest” (premiere: February 2020 / 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa).